■西てつしの「政策」

西区の西が堺を創る!11の約束

「未来への責任」。これこそ今、政治に問われていることです。
 2007年から2011年の4年間、堺市議として「未来への責任」をキーワードに様々な市政改革の提案を行い、議論し、実現に向かって取り組んできました。その改革を立ち止まらせずに前へ進める!そのために、私はもう一度、堺市政改革に挑戦します。
 前回の堺市議時代に全力で取り組んできたことと、そして次の4年間熱い思いで実現を目指そうとしている「11の約束」をお示ししました。ご覧ください。
 

1.創る!「ムダ遣いの削減、行政の見える化」

西てつしの2007-2011までの取り組み
「事業仕分け人」資格保持者として「行政の見える化」を促進し、「事業仕分け」を提案して堺市でも実現させると共に政策評価を大幅に改善しました。
堺市の事務事業をさらに透明化し、必要な事業に効率的な資源投入が行われるよう、しっかり監視します。

2.創る!「高齢者、妊産婦の移動支援・公共交通の充実」

西てつしの2007-2011までの取り組み
堺市における公共交通の充実を主張。特にバス網を拡げることを要望し、上野芝駅、津久野駅のエレベーター設置に尽力しました。
高齢者や妊産婦らの移動しやすい環境づくりを目指し、公共交通、バス網の維持と充実に取り組みます。

3.創る!「堺市のPRを強化」

西てつしの2007-2011までの取り組み
観光客を増加させ堺市を活性化しようと、全国向け、世界向けのプロモーション強化を要求。その結果、堺市役所にPR担当課が設置されました。 
堺市の発信力を強化し、観光客の増加とともに人口増加を図ります。商業を活性化し、堺市民が誇れる街づくりを行い、子育て世代の人口増加を目指します。

4. 創る!「国際標準の自転車のまちづくり」

西てつしの2007-2011までの取り組み
日本有数の自転車生産高を誇る堺市として、国際標準の自転車走行環境を持つことを目指し、多くの施策を要望し実現しました。自転車まちづくり室が設置され、自転車レーン設置や乗り捨て型コミュニティサイクル事業が始まりました。
西区内に乗り捨て型レンタサイクル(コミュニティサイクル)の拠点の設置を目指します。国際標準の自転車走行空間を実現し、自転車マナー向上にも取り組みます。

5.創る!「子育て支援の充実」

西てつしの2007-2011までの取り組み
乳幼児医療費助成制度を要望し実現しました。小学校の少人数授業や生徒指導専任教員の配置、部活動における外部指導者の充実にも取り組みました。
仕事と子育ての両立支援の強化、病児保育の充実、待機児童解消を目指します。

6. 創る!「選択制中学校給食の充実」

西てつしの2007-2011までの取り組み
各地の首長や地方議員とのネットワークを活かし、全国の事例を基に、選択制の中学校給食実施を提案しました。提案は2016年から実施が決まりました。
選択制の中学校給食が円滑、安全に実施されるよう努めます。

7. 創る!「世界に誇る環境モデル都市」

西てつしの2007-2011までの取り組み
内閣府が公募した環境モデル都市に堺市の応募を提案したところ、環境モデル都市「クールシティ・堺」として政府が認定。大幅に予算が充実しました。これを受けて堺市は環境都市推進室を設置。環境都市行動計画などを策定しました。
世界に誇れる低炭素都市を目指し、環境負荷の低い公共交通の推進に努めます。

8. 創る!「津久野駅前再開発」

西てつしの2007-2011までの取り組み
上野芝駅、津久野駅のエレベーター設置や津久野町1丁交差点周辺の交通量増加対策などに尽力しました。
津久野駅北側をもっと便利に。改札設置やロータリーの整備を求めます。

9. 創る!「堺市の防災対策」

西てつしの2007-2011までの取り組み
防災トイレの設置や防災無線の安全確保、避難所支援などの拡充を求めました。
阪神、中越、東日本大震災でのボランティア経験を基に、学校や幼稚園などの災害時用井戸の設置や、避難所の運営支援などの準備と拡充を求めます。

10. 創る!「救急医療体制の充実」

西てつしの2007-2011までの取り組み
断らない救急医療体制を求め、津久野に2015年7月開設される新堺病院の早期建設に尽力しました。
受け入れを断らず、たらいまわしにされない救急医療体制の充実を求めていきます。

11. 創る!「歯科保健条例の制定」

全国各地で制定されつつある歯科保健条例を堺市でも制定し、万病の対策に通ずることが明らかになってきた口腔医療の充実を求めます。


西てつし写真